失敗しても前向きに取り組もう

看護師として基本となるスキルには注射と健康管理がよく知られているものであり、患者の立場からもよく理解されているものです。
採血や点滴、投薬などの場面で患者に注射をすることはよくあります。
また、バイタルサインの確認を基本とする患者の容態を確認していくことも重要な務めであり、医療現場でも介護現場でも必要性が高い人材となる理由です。
こういったスキルは現場経験を積むことによってだんだんと育まれていくものですが、患者は誰に対応してもらおうとも高い質の対応を求めるものであり、あまり注射が下手であると指摘を受けてしまうこともよくあります。
また、内出血を起こしてしまったことを見て自分で自分の腕の悪さに自覚を持つようになったり、健康管理のミスで患者の容態が悪化して自分の看護スキルの低さを自覚してしまうようになったりする場合もあるでしょう。
そういった現場経験は誰もが持つものであり、前向きになって取り組んでいくことで乗り越えていくのが一般的でした。
しかし、指摘を受けたり自分の能力不足を自覚したりしてしまうことになった状況を苦痛に感じてしまって仕事を変えたいと考える看護師も増えてきているのです。
転職が容易になってきている状況を受けて現場から人材が離れていくのが助長されている状況があります。
特に働き始めの若い世代でこような経験をするものであり、ストレス耐性の低い若者が増えてきている影響を反映している現象です。