看護師経験を活かす転職の現状

看護師の経験を活かす現在の転職事情は、本来的に看護師の活躍現場となる各医療施設及びサービスをはじめ、治療ではなく利用者等の健康管理に主眼を置く介護福祉施設や私企業、教育機関など多様なニーズがあります。
具体的な現状において、まず医療分野では、現在チーム医療や地域医療への取り組みから、大規模病院ではより専門性及び経験のある資格看護師の採用が進んでいます。
そのため、これまでの知識や看護技術を活かして専門資格を取得し、更なるキャリアアップを図ることができます。
また地域医療の点では、現在全国各地に特定診療科の専門クリニックが増加しています。
これらのクリニックは一般的に平日日中のみの診療で、尚且つパートタイム雇用が多数を占めるため、個々の看護技能を活かしつつプライベートとの両立も図り易くします。
次に、介護福祉分野では、高齢化社会を背景に全国的に各介護施設の増設及び新設が進んでおり、特に設置が著しい通所のデイサービスや有料老人ホームなどで現在多くの看護求人があります。
これらの施設では利用者の健康管理が主な仕事内容となるため、特定分野の専門知識や技術よりは、基本的な看護技術と経験をベースとしたオールマイティーな看護能力が問われます。
また、積極的な治療や回復が目的の医療現場とは異なるので、精神的・肉体的な負担を軽減した転職の実現が可能です。
更に、これと同様に私企業や教育機関でも社員や学生などの健康管理を図る保健室での仕事もある為、現在の看護転職事情では、これまで積んだ看護技能を活かせる多くの選択肢があるのが現状です。