看護師の経験を活かす2つの考え方

転職を考え始めると今まで看護師として働いてきた経験をうまく活用したいと考えるでしょう。
その際に現場で培ってきた経験を活かすには2つの考え方があります。
1つは現場で実際に習得してきたスキルや知識を直接活用できる現場に転職するというものです。
それまでと同じ診療科で病院からクリニック、あるいはクリニックから病院に転職するとスキルの直接活用ができる場合が多いでしょう。
また、類似している診療科を選ぶのも1つの考え方であり、循環器内科から心臓外科に移ったり、皮膚科から形成外科へと変えてみたりするのはある程度の関連性を持たせた転職になります。
単純に患者とのコミュニケーションスキルを活用するという意味では、医療系の枠組みの中に入っていれば良いという考え方も可能です。
一方、もう1つは具体的なスキルや知識ではなく、働いてきた経験そのものを活かす方法であり、転職に際して優遇されるように転職先を選ぶ事になります。
この場合には求人募集において、特定の診療科での現場経験がある程度の年数以上あることが望ましいといった表記がなされているものを選ぶと良いでしょう。
現場で即戦力となる看護師を求めている場合が多いため、必要とされているスキルや知識を具体的に示してくれている場合もあります。
この2つは互いに関わりあっているものの、必ずしも求人で優遇されるとは限らない点には注意しましょう。
これまでの経験を活かし、看護師としてさらに成長する事を望むなら、上記の事を踏まえて活躍の場を探してみてはいかがでしょうか。