即日融資で急なピンチを乗り切る!

即日融資でおすすめのカードローンはどこの銀行や消費者金融なのか?当日中に借りられる中での最大借入限度額はいくらぐらいなのか?といったいますぐお金を借りたい方への役立つ情報満載

即日でお金を借りる方法とは

何日か前に、いつまでにお金が必要になるということが分かっていれば、必要な金額を調達することができます。しかし、時には今すぐにお金が必要になるということもあるものです。お金を貸してくれる金融機関には、銀行や消費者金融など様々な業者がありますが、すべての金融機関で即日にお金を借りられるというわけではありません。通常の場合、借り入れの契約申込みをしてから審査が慎重に行われて、返済能力がチェックされるのに数日間はかかることが多いものです。しかし、金融機関や借り入れ商品によっては、即日で借りることも不可能ではありません。

即日でお金を借りる方法は、消費者金融からラインナップされている借り入れ商品を利用するのがおすすめです。消費者金融と言っても、テレビのCMなどで知名度が高い所なら安心ですし、大手消費者金融業者は銀行ネットワークの傘下であることも多いので、初めて消費者金融を利用する人でも安心なので銀行系消費者金融を申し込み先にするとよいのではないでしょうか。消費者金融では、いろいろな借り入れ商品がラインナップされていて、それぞれ銀行口座などに銀行振り込みなどの方法で実際にお金を受け取れるまでにかかる期間や借入額が異なっています。最短の即日で借りたい場合には、即日融資が可能な商品を選んで申し込むことになるわけですが、いくつか注意しなければいけない点があります。

まず、即日融資が可能な場合でも、申し込む時間帯によっては即日でお金を受け取ることができない場合もあることは理解しておきましょう。何時までなら即日融資可能かは、業者ごとに異なっていて、午後2時や3時までに借入れの申し込み手続きを完了すればOKという所もあれば、夜10時ぐらいまでなら借り入れ可能という所もあります。申し込む時間帯によっては、多くの選択肢の中から選べないこともあるので、あらかじめ理解しておきましょう。

また、他社からも借り入れている場合には、即日融資の商品に申し込んでも審査に通らない可能性があります。大手の消費者金融では、他社からのキャッシングやカードローンなどの借り入れも含めた借入総額が,収入の3分の1を超えない範囲までしか貸し出しをすることができません。例えば年収300万円の人が、他の消費者金融や信販業者、金融会社やカードローン会社から100万円近くを借りている場合には、それ以上の申し込みを行っても審査落ちする可能性が高くなってしまいます。さらに、申し込む時間帯によっては、当日は仮審査しか行うことができないために、借入可能額も1万円とか2万円のみになってしまう可能性があることも理解しておきましょう。

おすすめの即日融資方法

毎日の生活の中では、急にお金が必要になってしまう事もあるものです。「給料日になれば完済できるけれど、後1週間の食費がない」「光熱費の支払日が今日だけれど、給料日にならないとお金が作れない」など、理由は様々です。そんな時に便利な即日融資は、銀行や消費者金融などの金融機関からたくさんの商品がラインナップされています。

出来るだけ素早く即日融資してもらうためには、まず金融機関の選び方が大切です。即日融資が可能な借入商品でも、商品ごとに審査条件が異なりますし、金融機関ごとに審査条件や審査にかかる時間が異なるものです。もしも即日融資してもらいたいけれど金利もできれば低い方が良いと考えている人なら、審査は少し厳しくなりますが、銀行系カードローンや銀行系の商品を借入申込する方法がおすすめです。

銀行系の即日融資を受けるためには、その銀行で預貯金口座を持っているなど取引があることが条件となっていることが多いようです。給料の振込口座や、家賃や光熱費が引き落とされる口座などのメインバンクがある場合には、その銀行からラインナップされているカードローンや即日融資可能な商品を探してみると良いでしょう。

消費者金融から借りる場合には、いくつか気を付けたい点があります。消費者金融からはたくさんの即日融資OKの商品がラインナップされていて、銀行よりも審査条件が厳しくないので、銀行に申し込み手続きをしたが審査に通らなかった人でも消費者金融なら審査に通る可能性はあります。しかし、カードローン申込をして無事審査に通ればどこでも良いというわけではなく、規模の小さな業者になると一歩間違えると闇金業者に当たってしまう事もあるので、業者選びは慎重にしましょう。知名度が高い消費者金融大手なら、信頼できるので安心して借りられますし、銀行ネットワークの傘下になっている業者が多いので、高額ローンにも対応してもらうことが可能です。

消費者金融から即日融資を受ける場合には、時間帯が遅くなっても即日にお金を借りることができるというメリットがあります。銀行の場合には、店舗窓口があいている時間でなければ審査ができないので、それ以降の時間帯に申込みした分に関しては、翌営業日の扱いになります。消費者金融でも、本審査は銀行と同じですが、自動契約機や無人契約機などを利用すれば、店頭窓口が閉まっている時間帯でも仮審査を行ってお金を借りることは可能です。希望借入額の最大額の満額を借りることは難しいかもしれませんが、少しでもいいから今すぐに借りたいという場合には、消費者金融の方が便利かもしれませんね。

即日融資お申込みでおすすめのカードローン一覧

プロミス

現在三井住友ファイナンシャル・グループの子会社で都市銀行の子会社になり信頼性と財務体質が強化された。「SMBCコンシューマーファイナンス」が正式名称であり、プロミスはサービス名である。三井住友銀行のローン契約機も使える。利用条件は20~69歳の安定した収入のある方で、年収や職種は問わない。初回のみ30日間無利息、最短一時間融資、年金利は4.5&~17.8%である。

>>プロミスの詳細はこちら

アコム

1978年から営業をしていて2008年から三菱UFJフィナンシャル・グループに属する日本の大手貸金業社。マスターカードのプリンシパルメンバーであり、「アコムマスターカード」というクレジットカードを発行しておりマスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融業者である。初回限定で30日間金利がゼロで融資のスピードが速いのが特徴。金利はねんり4.7%から18.0%で限度額は1~500万である。

>>アコムの詳細はこちら

新生銀行カードローンレイク

株式会社新生銀行のカードローン商品で無利息サービスで有名。2011年に消費者金融から商標、人員、店舗そのまま銀行のカードローンになった。初回無利息期間がある上に最短40分で融資を受けれる。総量規制なしで、満20歳以上から70以下で安定した収入のある方であれば誰でも申し込みできる。無利子プランは30日間と180日間5万円円分の2種類で好きな方を選べる。金利は4、5%から18.0%、専業主婦は利用できない。

>>新生銀行カードローン レイクの詳細はこちら

モビット

三井住友銀行グループの傘下にある日本の銀行系消費者金融。銀行が運営しているわけではないので総量規制あり。満20歳から69歳以下で安定した収入のある方で専業主婦年金のみの生活者は申し込みできないが、パートやアルバイト自営業や派遣社員でも申し込みできる。審査スピードが速く即日融資可能。金利は3.0%から18.0%である。

>>モビットの詳細はこちら

アイフル

日本の消費者金融業者。原則収入証明不要で、最短30分の審査即日融資可能24時間いつでも振り込み融資ができる。他社から融資を受けている方を対象にした乗り換えやおまとめカードローンがあり幅広いニーズに対応することができる。女性の利用やすさを追求した「SuLaLi」専業の方に対応した「専業サポートプラン」一定の収入以上の方を対象にした低金利の「ファーストプレミアムカードローン」などお得で便利なサービスが多い。実質年率は4、5%から18.0%である。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

大手の三菱東京UFJ銀行のカードローン、バンクイックは手厚いサポート体制なのに、審査が速く借り入れも簡単なのが特徴です。とにかく便利で、問い合わせ対応がしっかりしているカードローンを選びたい方におすすめです。WEB申し込みなら最短30分で審査の回答があります。カード受け取りはその日のうちにテレビ窓口で受け取りもできるので急な入用でも安心です。テレビ窓口は平日15:00以降や土日祝日でもカードを受け取ることができるので、忙しい方でも利用しやすいカードローンです。

>>三菱東京UFJ銀行 バンクイックの詳細はこちら

住信SBIネット銀行のMr.カードローン

住信SBIネット銀行のMr.カードローンは店舗を持たないネット銀行なので驚きの低金利が特徴です。プレミアムコースの年利は1.99%〜とかなり低いため、少しでも費用を抑えたい方にはおすすめのカードローンです。300万円までならお申し込みの際の収入証明も原則不要で、ネットで申し込みできる点がもしもの時にも安心のサービスです。さらに借り入れの際の資金使途は事業用出なければ自由になっており、他社からの借換え・おまとめにも利用できて便利です。明細書の郵送はないのでプライバシー面が気になる方にもおすすめです。

>>住信SBIネット銀行 Mr.カードローンの詳細はこちら

ソニー銀行カードローン

審査、借入、返済、サービスなど全体的にバランスの良いカードローンを考えている方はソニー銀行のカードローンがおすすめです。仮審査はパソコン・スマホから最短60分で回答があり300万円までは収入証明書の提出が原則不要です。限度額は最高800万円までと高額にも対応しているのに、年利は2.5%〜13.8%と低い設定になっています。ソニー銀行に口座を持っていれば最短で即日の借り入れも可能で、返済は月々2,000円〜可能で24時間スマホからでも対応しているので安心です。自宅への郵送等もありませんのでプライバシー面でも安心して利用できるおすすめのカードローンです。

>>ソニー銀行 カードローンの詳細はこちら

オリックス銀行カードローン

100万円以上のまとまった金額の借り入れを希望する場合におすすめなのがオリックス銀行カードローンです。限度額が最高で800万円までとなっており、使途は事業用でなければ自由に利用が可能です。年利は3.0%〜17.8%で利用が可能で、業界最低水準の金利で借り入れができます。また返済は残高スライドリボルビング方式となっており月々7,000円からとこちらも業界最低水準の為、安心して返済計画を立てることができる点でもおすすめのカードローンです。

>>オリックス銀行 カードローンの詳細はこちら

東京スター銀行カードローン

東京スター銀行カードローンは500万円までの借り入れを急いでいる方におすすめのカードローンです。最短で即日融資可能で、300万円までの借入であれば年収証明書は原則不要で借り入れが可能です。借入の際は使途も自由で利用でき、年利は保証料を含めて4.5%〜と設定されています。さらに審査の書類提出はとても簡単で、スマホや携帯電話から写真をとって、画像データを送るだけで大丈夫なのでどこにいてもスムーズに手続きをすることができて便利です。移動中などにサッと手続きをしてしまいたい方にもおすすめです。

>>東京スター銀行 カードローンの詳細はこちら

みずほ銀行カードローン

低金利かつ限度額の高さで知られている、みずほ銀行のカードローン。 銀行系ローンなので、借り入れ総額が年収の1/3を超えてはならないとする「総量規制」の対象外。 審査の結果によって「コンフォート」「エグゼクティブ」と2種類のプランに分けられる。 金利はコンフォートなら3.5〜14.0%、エグゼクティブなら3.0〜7.0%といずれも業界内ではかなり低金利。 限度額は1,000万円までで、自身に収入のない専業主婦でも申し込むことができるのは魅力的。 口座を持っている方なら「web完結申し込み」をすると、最短即日での融資が可能。

>>みずほ銀行 カードローンの詳細はこちら

三井住友銀行カードローン

審査が最短30分という消費者金融並みのスピード感が売りの、三井住友銀行カードローン。 金利は4.0〜14.5%、限度額は800万円と申し分ないレベル。 限度額300万円までなら申し込み時に収入証明が必要なく、面倒な準備をせず利用できるのがありがたい。 特に便利なのが、銀行ATMだけでなくコンビニATM(ファミリーマート、セブンイレブン、ローソン)や、ゆうちょATMでも手数料無料で利用できること。 口座があれば、インターネットバンキングや、ホームページでの利用状況確認ができるなど利点が多い。

>>三井住友銀行 カードローンの詳細はこちら

楽天銀行スーパーローン

ネットバンク大手である楽天銀行のカードローン。 専業主婦でも面倒な書類提出なしで申し込みができるため、消費者金融からの借り換えにも好んで利用される。 金利は4.9〜14.5%、限度額は500万円までで、即日融資も可能。 すべてネット上で完結させられるが、楽天IDがあれば、メールアドレスとパスワードの入力だけでも申し込みできる。 さらに入会時や毎月の借入残高に応じて楽天ポイントがもらえるので、お得感があると評判。 ネット銀行ならではの便利さと手軽さ、楽天ブランドの信頼性で満足度の高いカードローン。

>>楽天銀行 スーパーローンの詳細はこちら

じぶん銀行カードローン

三菱東京UFJとKDDIが出資してできたネットバンク、じぶん銀行のカードローン。 一般向けの金利は2.4〜17.5%、借り換えに利用する場合は1.9〜12.5%と銀行系でもかなりの低金利。 出資元の強みとしてauユーザー限定の特典が用意されており、上記金利より更に最大0.5%優遇される。 限度額は800万円、1,000円単位で返済できるため毎月の負担が少なくて済むと好評。 UFJ、ゆうちょ、コンビニATMは手数料無料かつ回数無制限なので、繰り上げ返済に利用すれば無駄な利息を省くことができる。 スマホですべて完結できる手軽さから特に若い世代に人気。

>>じぶん銀行 カードローンの詳細はこちら

セブン銀行カードローン

どこよりもスピーディーでシンプルなのは、セブン&アイグループのセブン銀行カードローン。 特に注目すべきは審査時間で、銀行系にも関わらず最短10分とどの消費者金融よりも速い。 セブン銀行の口座があれば、即日融資も受けられる。 利用限度額は10万、30万、50万の3種類で、返済額は月々5,000円か1万円。 金利は一律15%で、借入金額に左右されず明確でわかりやすい。 対象は20〜69歳までで、学生や専業主婦でも申し込める上に証明書類などは一切必要ない。 銀行系であるという安心感と消費者金融顔負けのスピード感を兼ね備えた、非常に使いやすいローン。

>>セブン銀行 カードローンの詳細はこちら

イオン銀行カードローンBIG

必要な金額をいつでもATM・スマホ・PCから最大800万円(総量規制の対象外なので年収の1/3以上)借り入れでき、イオン銀行なら手数料0円で利用可能。希望極度額が300円までなら本人確認書類のみで申し込みできるので、収入証明書不要、担保・保証人も必要ない。専業主婦(夫)・パート・アルバイトの方も50万円まで利用可能。また、月々の返済額は3,000円から設定できるので無理のない返済ができる。口座からの毎月自動引き落としに加えて、ATMやインターネットによる任意返済もできる。

>>イオン銀行 カードローンBIGの詳細はこちら

りそな銀行カードローン

りそな銀行のカードローンは「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」の2種類である。「プレミアムカードローン」はりそな銀行に口座がない方も利用でき、年収400万円以上の方を対象に、年3.5~12.475%の低金利で最大800万円まで借り入れ可能。「クイックカードローン」は限度額30~100万円で、金利は一律で年12.475%。申し込み後、最短2時間で審査回答が受けられ、年収や金属年数は不問なので誰でも利用しやすい。

>>りそな銀行 カードローンの詳細はこちら

大和ネクスト銀行フリーローン

大和ネクスト銀行に円普通預金口座を開設している個人の方が対象。限度額10万円〜500万円で資金使途は原則自由(事業性資金には利用不可)である。カードを発行せず、借り入れ、返済はすべてインターネットでの手続きとなる。返済方法は毎月ローン専用普通預金口座から自動で引き落とす「約定返済」に加え、都合に合わせて返済可能な「随時返済」がある。約定返済日は毎月27日(休日の場合は翌営業日)で、1万円から設定できる。

ジャパンネット銀行カードローン

現在、カードローンの新規申し込み受付は終了しているが、利用限度額の範囲内で繰り返し、借り入れ・返済ができる極度型ローン「ネットキャッシング」というサービスがある。利用限度額は最高1,000万円で、最短60分で融資を受けられる。また、初めての方は初回借入日から30日間無利息で利用できる。さらに口座自動振替やVisaデビットの支払額が普通預金口座の残高を超えた場合、ローン利用金額の範囲内であれば支払額の不足分を自動的に借り入れできるサービスもある。(要登録)

新生銀行グループのノーローン

借り入れから最初の1週間は何度でも無利息。さらに全額返済した翌月も1週間無利息となる。つまり、なんどでも1週間無利息となる。来店不要なため、インターネットもしくは電話での申し込みをすると、初めての方でも即日融資可能。その日のうちに指定の口座へ振込まれる。返済の際には、返済ごとの支払い利息額に応じて毎月ポイントが貯まり、貯まったポイントは「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の3つのコースから選び、さまざまな特典と交換することができる。

即日融資の基礎知識
即日融資の審査基準
借入限度額から選ぶ
私でも借りられる?
融資におすすめのカードローン
運営プロフィール情報
Copyright © 2015 人材派遣会社の登録方法.com . All rights reserved